わたしたちの郷土愛媛は、季節ごとに色とりどりの表情を見せてくれます。
ここでは、これまでに大一ガスのTOPページを飾った愛媛の美しい風景をご紹介します。

各写真はクリックで拡大表示します。

2017年12月 東温市白猪の滝

『東温市 白猪の滝』

■風景にちなんだ俳句
「南天に 雪吹きつけて 雀鳴く」 (正岡子規)
2017年11月 鈍川渓谷

『鈍川渓谷』

■風景にちなんだ俳句
「桐一葉 日当たりながら 落ちにけり」 (高浜虚子)
2017年10月 見奈良のコスモス畑

『見奈良のコスモス畑』

■風景にちなんだ俳句
「コスモスの 花あそびをる 虚空かな」 (高浜虚子)
2017年9月 松山城天守閣

『松山城天守閣』

■風景にちなんだ俳句
「四方に 秋の山をめぐらす 城下哉」 (正岡子規)
2017年8月 丹原町のひまわり畑

『丹原町のひまわり畑』

■風景にちなんだ俳句
「葉をかむりつつ 向日葵の 廻りをり」 (高浜虚子)
2017年7月 双海の砂浜

『双海の砂浜』

■風景にちなんだ俳句
「戻り来て 瀬戸の夏海 絵の如し」 (高浜虚子)
2017年6月 大洲市 新谷菖蒲園

『大洲市 新谷菖蒲園』

■風景にちなんだ俳句
「春水や 矗々(ちくちく)として 菖蒲の芽」 (高浜虚子)
2017年5月 今治のつつじ

『今治フラワーパークのつつじ』

■風景にちなんだ俳句
「盛りなる 花曼荼羅の 躑躅かな」 (高浜虚子)
2017年4月 菜の花の川(砥部町)

『菜の花の川(砥部町)』

■風景にちなんだ俳句
「菜の花に 汐さし上る 小川かな」 (河東碧梧桐)
2017年3月 砥部町 赤坂泉の桜

『砥部町 赤坂泉の桜』

■風景にちなんだ俳句
「桜から 人にうつるや 山の風」 (正岡子規)
2017年2月 松山総合公園に咲く椿

『松山総合公園に咲く椿』

■風景にちなんだ俳句
「雪かぶる 日もありて咲く 冬椿」 (高浜虚子)
2017年1月 重信川から眺める石鎚山

『重信川から眺める石鎚山』

■風景にちなんだ俳句
「目にさはる 塵一つなし 初みそら」 (正岡子規)
2016年12月 師走の石手寺

『師走の石手寺』

■風景にちなんだ俳句
「大寺の 静まり返る 師走かな」 (正岡子規)
2016年11月 四国カルスト

『四国カルスト』

■風景にちなんだ俳句
「朝寒の 背中吹かるゝ 野風哉」 (正岡子規)
2016年10月 松山城 戸無門

『松山城 戸無門』

■風景にちなんだ俳句
「秋高し 鳶舞ひしずむ 城の上」 (正岡子規)
2016年9月 石鎚山

『石鎚山』

■風景にちなんだ俳句
「橘や 風ふるくさき 長谷の里」 (正岡子規)
2016年8月 しまなみ海道

『しまなみ海道』

■風景にちなんだ俳句
「天草の 島山高し 夏の海」 (高浜虚子)
2016年7月 内子町 からり橋

『内子町 からり橋』

■風景にちなんだ俳句
「埋もれて 若葉の中や 水の音」 (夏目漱石)
2016年6月 大野ヶ原高原

『大野ヶ原高原』

■風景にちなんだ俳句
「涼風や われを山から 吹下す」 (正岡子規)
2016年5月 松山市城山公園のつつじ

『松山市城山公園のつつじ』

■風景にちなんだ俳句
「風吹て つゝじの花の 流れよる」 (正岡子規)
2016年4月 広見川河川敷の菜の花

『広見川河川敷の菜の花』

■風景にちなんだ俳句
「菜の花や はつとあかるき 町はつれ」 (正岡子規)
2016年3月 松山城と桜

『松山城と桜』

■風景にちなんだ俳句
「ひやひやと 風吹き入るゝ 桜哉」 (正岡子規)
2016年2月 南楽園 梅祭り 枝垂れ梅

『南楽園 梅祭り 枝垂れ梅』

■風景にちなんだ俳句
「万歳の 鼓にひらく 梅の花」 (正岡子規)
2016年1月 松山市 道後温泉本館

『松山市 道後温泉本館』

■風景にちなんだ俳句
「呉竹の 根岸の里や 松飾り」 (正岡子規)
2015年12月 松山市 イルミナーレ花園

『松山市 イルミナーレ花園』

■風景にちなんだ俳句
「松山の 城を見おろす 寒さかな」 (正岡子規)
2015年11月 久万高原町の紅葉

『久万高原町 もみじラインの紅葉』

■風景にちなんだ俳句
「峠路の 登るにつれて 紅葉濃し」 (高浜年尾)
2015年10月 松山城

『松山城』

■風景にちなんだ俳句
「空に雲 秋立つ台に 上がりけり」 (夏目漱石)
2015年9月 美川のすすき原

『美川のすすき原』

■風景にちなんだ俳句
「分け往けば 道はありけ里 すゝき原」 (柳原極堂)
2015年8月 内子町 笹祭

『内子町 笹祭』

■風景にちなんだ俳句
「うれしさや 七夕竹の 中を行く」 (正岡子規)
2015年7月 愛媛の夏野菜(東温市にて)

『愛媛の夏野菜(東温市にて)』

■風景にちなんだ俳句
「何はなくとも 手づくりのトマト したたる」 (山頭火)
2015年6月 今治 市民の森

『今治 市民の森』

■風景にちなんだ俳句
「六月を 綺麗な風の 吹くことよ」 (正岡子規)
2015年5月 内子町

『内子町』

■風景にちなんだ俳句
「風吹けば 来るや隣の 鯉幟」 (高浜虚子)
2015年4月 松前町 ひょこたん池

『松前町 ひょこたん池』

■風景にちなんだ俳句
「春の雲 溶けて流れて 結ぼれて」 (高浜虚子)
2015年3月 松山市 重信川と菜の花

『松山市 重信川と菜の花』

■風景にちなんだ俳句
「うねうねと 心安さよ 春の水」 (夏目漱石)
2015年2月 松山市 重信川を渡る線路

『松山市 重信川を渡る線路』

■風景にちなんだ俳句
「冴えかへる それも覚悟の ことなれど」 (高浜虚子)
2015年1月 松山市 伊予豆比古命神社

『松山市 伊予豆比古命神社』

■風景にちなんだ俳句
「元日や 吾新たなる 願あり」 (夏目漱石)
2014年12月 西条市 成就社

『西条市 成就社』

■風景にちなんだ俳句
「静なる 我住む町の 年の暮」 (高浜虚子)
2014年11月 久万高原町 古岩屋

『久万高原町 古岩屋』

■風景にちなんだ俳句
「山深し 樫の葉落ちる 紅葉散る」 (正岡子規)
2014年10月 松山市 白石の鼻巨石群

『松山市 白石の鼻巨石群』

■風景にちなんだ俳句
「ほのかなる 空の匂ひや 秋の晴」 (高浜虚子)
2014年9月 道後温泉本館

『道後温泉本館』

■風景にちなんだ俳句
「湯出でて 秋風吹いて 汗も無く」 (高浜虚子)
2014年8月 松山市平和通の句碑

『松山市平和通の句碑』

■風景にちなんだ俳句
「草の花 少しありけば 道後なり」 (正岡子規)
2014年7月 南高井 杖ノ淵公園

『南高井 杖ノ淵公園』

■風景にちなんだ俳句
「底の石 ほと動き湧く 清水かな」 (高浜虚子)
2014年6月 大洲市 新谷菖蒲園

『大洲市 新谷菖蒲園』

■風景にちなんだ俳句
「菖蒲剪るや 遠く浮きたる 葉一つ」 (高浜虚子)
2014年5月 松山総合公園の桜

『松山総合公園の桜』

■風景にちなんだ俳句
「枝をさしのべて葉桜」 (種田山頭火)
2014年4月 松山総合公園の椿

『松山総合公園の椿』

■風景にちなんだ俳句
「椿先づ 揺れて見せたる 春の風」 (高浜虚子)
2014年3月 松前町の土筆

『松前町の土筆』

■風景にちなんだ俳句
「土筆 物言はず すんすんとのびたり」 (夏目漱石)
2014年2月 砥部に咲く梅

『砥部に咲く梅』

■風景にちなんだ俳句
「唄ひつつ 笑まひつつ行く 春の人」 (高浜虚子)
2014年1月 重信川から眺める石鎚山

『重信川から眺める石鎚山』

■風景にちなんだ俳句
「元日や 深く心に 思ふこと」 (高浜虚子)
2013年12月 双海の夕日

『双海の夕日』

■風景にちなんだ俳句
「凩や 海に夕日を 吹き落す」 (夏目漱石)
2013年11月 松山城

『松山城』

■風景にちなんだ俳句
「大空に 伸び傾ける 冬木かな」 (高浜虚子)
2013年10月 西条市丹原の無花果

『西条市丹原の無花果』

■風景にちなんだ俳句
「手がとどく いちじくのうれざま」 (山頭火)
2013年9月 中山の栗

『中山の栗』

■風景にちなんだ俳句
「いがながら 栗くれる人の 誠哉」 (正岡子規)
2013年8月 しまなみ海道

『しまなみ海道』

■風景にちなんだ俳句
「青きところ 白きところや 夏の海」 (高浜虚子)
2013年7月 内子笹祭

『内子笹祭』

■風景にちなんだ俳句
「静かさは 筧の清水 音たてて」 (高浜虚子)
2013年6月 松山市萱町の紫陽花

『松山市萱町の紫陽花』

■風景にちなんだ俳句
「思ひ出して 又紫陽花の 染めかふる」 (正岡子規)
2013年5月 大洲の苺畑

『大洲の苺畑』

■風景にちなんだ俳句
「ほろほろと 手をこぼれたる いちご哉」 (正岡子規)
2013年4月 砥部町 赤坂泉の桜

『砥部町 赤坂泉の桜』

■風景にちなんだ俳句
「仰向て 深編笠の 花見哉」 (夏目漱石)
2013年3月 大洲の野山に咲く菜の花

『大洲の野山に咲く菜の花』

■風景にちなんだ俳句
「いちめんの 菜の花の 花ざかりをゆく」 (種田 山頭火)
2013年2月 松山総合公園に咲く椿

『松山総合公園に咲く椿』

■風景にちなんだ俳句
「ひねくりし 一枝活けぬ 花椿」 (正岡子規)
2013年1月 松山城 戸無門

『松山城 戸無門』

■風景にちなんだ俳句
「各々の 年を取りたる 年賀かな」 (高浜虚子)
2012年12月 東温市白猪の滝

『東温市 白猪の滝』

■風景にちなんだ俳句
「凍てきびし されども空に 冬日厳」 (高浜虚子)
2012年11月 今治市鴨池海岸公園

『今治市鴨池海岸公園』

■風景にちなんだ俳句
「天気やや おちたるかとも 冬日和」 (高浜虚子)
2012年10月 四国カルスト

『四国カルスト』

■風景にちなんだ俳句
「草山に 馬放ちけり 秋の空」 (夏目漱石)
2012年9月 見奈良の田園

『見奈良の田園』

■風景にちなんだ俳句
「秋の穂の 伏し重なりし 夕日哉」 (正岡子規)
2012年8月 東温市のどてかぼちゃ

『東温市のどてかぼちゃカーニバル』

■風景にちなんだ俳句
「どつしりと 尻を据えたる 南瓜かな」 (夏目漱石)
2012年7月 丹原町のひまわり畑

『丹原町のひまわり畑』

■風景にちなんだ俳句
「日まはりの 花心がちに 大いなり」 (正岡子規)
2012年6月 萬翠荘バラ展

『萬翠荘バラ展』

■風景にちなんだ俳句
「見るうちに 薔薇たわたわと 散り積る」 (高浜虚子)
2012年5月 今治のつつじ

『今治フラワーパークのつつじ』

■風景にちなんだ俳句
「つつじ咲く 岩めり込んで 笑ひ声」 (正岡子規)
2012年4月 内子町の桜並木

『内子町の桜並木』

■風景にちなんだ俳句
「咲き満ちて こぼるる花も なかりけり」 (高浜虚子)
2012年3月 菜の花の川(砥部町)

『菜の花の川(砥部町)』

■風景にちなんだ俳句
「菜の花の 中に小川の うねりかな」 (夏目漱石)
2012年2月 砥部町の七折梅祭

『砥部町の七折梅祭』

■風景にちなんだ俳句
「そのままに 君紅梅の 下に立て」 (高浜虚子)
2012年1月 伊佐爾波神社

『伊佐爾波神社』

■風景にちなんだ俳句
「石段に 一歩をかけぬ 初詣」 (高浜虚子)
2011年12月 道後温泉

『道後温泉』

■風景にちなんだ俳句
「淋しさも ぬくさも冬の はじめ哉」 (正岡子規)
2011年11月 石手川沿いを染める夕焼け

『石手川沿いを染める夕焼け』

■風景にちなんだ俳句
「行秋や 消えなんとして 残る雲」 (夏目 漱石)
2011年10月 見奈良のコスモス畑

『見奈良のコスモス畑』

■風景にちなんだ俳句
「コスモスの 花咲きしなひ 立もどり」 (高浜虚子)
2011年9月 鈍川渓谷

『鈍川渓谷』

■風景にちなんだ俳句
「山陰や 日あしもささず 秋の水」 (正岡子規)
2011年8月 双海の砂浜

『双海の砂浜』

■風景にちなんだ俳句
「砂浜や 残る暑さを ほのめかす」 (正岡 子規)
2011年7月 道後温泉本館

『道後温泉本館』

■風景にちなんだ俳句
「夏山を 廊下づたひの 温泉哉」 (正岡 子規)
2011年6月 フラワーパークの芍薬

『市民の森 フラワーパークの芍薬(今治)』

■風景にちなんだ俳句
「芍薬の 花にふれたる かたさかな」 (高浜 虚子)
2011年5月 見奈良の菜の花畑

『見奈良の菜の花畑』

■風景にちなんだ俳句
「菜の花の 四角に咲きぬ 麦の中」 (正岡 子規)
2011年4月 石手川沿いの桜並木

『石手川沿いの桜並木』

■風景にちなんだ俳句
「徐ろに 眼を移しつつ 初桜」 (高浜 虚子)
2011年3月 砥部町七折梅まつり

『砥部町七折梅まつり』

■風景にちなんだ俳句
「瑠璃色の 空を控えて 丘の梅」 (夏目 漱石)
2011年2月 双海の水仙畑

『双海の水仙畑』

■風景にちなんだ俳句
「春寒き 寒暖計や 水仙花」 (正岡 子規)
2011年1月 道後平野に昇る朝日

『道後平野に昇る朝日』

■風景にちなんだ俳句
「空近く あまりまばゆき 初日哉」 (正岡 子規)
2010年12月 師走の石手寺

『師走の石手寺』

■風景にちなんだ俳句
「漱石が来て 虚子が来て 大三十日」 (正岡 子規)
2010年11月 石鎚山の山稜

『石鎚山の山稜』

■風景にちなんだ俳句
「秋風や 妙義の山に 雲はしる」 (正岡 子規)
2010年10月 松山城天守閣

『松山城天守閣』

■風景にちなんだ俳句
「松山や 秋より高き 天守閣」 (正岡 子規)

ページTOPへ