基本安全機能

料理をますます楽しく、おいしく温度を見張るセンサーを全口に搭載

全口センサー搭載 Siセンサーコンロ

※早切れ防止機能がはたらいている時やセンサー解除状態でも、一定温度になると消火する場合があります。

調理油過熱防止装置

鍋底の温度を見張り、調理油が危険温度になる前に自動消火し、油の発火を防ぎます。

焦げつき消火機能

鍋の焦げつきを初期段階で感知し自動消火。煮込み料理※などを、じっくりトロ火にかける際にも安心です。

●自動消火後の鍋底の様子
※鍋の材質、調理物の種類、火力によって焦げの程度は異なります。

消し忘れ消火機能

万一うっかり火を消し忘れても、コンロは約2時間で、グリルは両面焼が約15分、片面 焼が約20分で自動消火します。

立消え安全装置

煮こぼれや風などで、万一火が消えても、自動でガスを止めます。

安心装置、便利な機能をプラス!
●コンロ点火確認ランプ
●ラク点火(プッシュ点火タイプ)

「ガス事業法」及び「液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律」において、家庭用ガスコンロは、政令指定(PSTG又はPSLPGを表示)の規制対象となりました。これにより、2008年10月1日より全てのバーナーに「調理油過熱防止装置」と「立消え安全装置」を搭載することが義務づけられています。ただし、卓上型1口コンロは「立消え安全装置」のみです。