もっと知りたいLPガス
もっと詳しくLPガスについて知りたい方へ、その特徴や性質などをわかりやすく解説します。

LPガスの基礎知識

近年、ガス体エネルギーとして、1次エネルギーに分類されているLPガスは、主に原油採掘時に随伴して、あるいは天然ガス田から採取されたり、また原油を精製分離して生産されています。LPガスは、プロパンやブタンなどの炭化水素(炭素原子と水素原子だけでできた化合物)を主成分としたガスで、通常の状態では気体ですが、圧力を加えたり冷却することにより簡単に液体に変わることから液化石油ガス(Liquefied Petroleum Gas)と名づけられています。そして、このLiquefied Petroleum Gas の頭文字をとってLPGまたはLPガスと呼んでいます。

LPガス=Liquefied Petroleum Gas

知っておきたいLPガスの特徴
「液体←→気体」変幻自在。
LPガスが液体から気体になると、体積は約250倍に増加します。
また、ガス漏れすると空気より重いので、床面などの低いところに滞留します。そのため、LPガスのガス漏れ警報器は部屋の低いところに設置してあります。
LPガスの性質
気体にもなる
LPガスは容易に液体にも気体にもなります。(容器内では圧力をかけて液体の状態です)
空気より重たい
LPガスは気体の状態では空気の約1.5倍の重さがあります。このため、ガス漏れをすると低いところや物かげなどに溜まります。
水より軽い
LPガスは液体の状態では水より軽い物質です。
臭いを付けてある
LPガスはもともと臭いがありません。そのため、ガス漏れ時などすぐに気が付くように臭いをつけています。
有害な一酸化炭素は含まない
LPガスには人体に有害な一酸化炭素(CO)は含まれていません。大量に吸い込むと意識を失ったり、窒息することもありますが、LPガスを吸っても死ぬことはありません。
COLUMN-LPガスはなぜ臭い?
「LPガスは、玉ねぎが腐ったような臭いがするので困る」と考える人もいます。LPガスは、本来無臭なものですが、強制的に臭いをつけています。この臭いづけのことを着臭といいます。
着臭の目的は、万が一、LPガスが大気中に漏れた場合、その濃度が1000分の1という微量なものでも、くさい臭いとして人が感知できるようにしたものです。
臭いが香水のように心地よいものだと人は危険と感じにくいので、わざとこのような不快な臭いにしているのです。この臭いの成分は燃えると無臭になるので、LPガスが正しく使われている限り臭うことはありません。

LPガスと都市ガスの比較

都市ガスには、地域によってさまざまな種類のガスがあり、同一の消費設備や器具が使用できない場合がありますので、転居などの際には注意が必要ですが、家庭用LPガスは、日本全国いずれの地域においても同じ消費設備や器具を使用することができます。なお、それぞれの発熱量、比重は表のとおりです。

ハイカロリーで経済的なLPガス
プロパン1立方メートルを燃やすと約24,000Kcal、都市ガス(13Aの場合)は約11,000Kcalの熱量が発生します。
COLUMN-ライターもLPガス
LPガスには色々な種類がありますが、一般に家庭で使用されてるLPガスのほとんどが、プロパンと呼ばれる成分が主成分で出来ているのでプロパンガスとも呼ばれています。
使い捨ての100円ライターの中に入っている液体もLPガスの一種で、ブタンと呼ばれる成分です。

災害に強いLPガス

近年、全国各地において大規模な地震による被害が続いております。どの被災地においてもライフラインの早期復旧が課題となり、LPガスは避難所などですぐに対応できることや、復旧の早さにおいて多くの人々の暮らしに安心をもたらし”災害に強いLPガス”が実証されています。

阪神淡路大震災に活躍したLPガス

1995年(平成7年)1月17日未明に起きた阪神淡路大震災は戦後最大の被害をもたらし、過密都市における災害の恐ろしさを改めて見せつけました。都市ガスのライン網が寸断された中、新たなライフラインを確保し都市ガスをバックアップしたのはLPガスや石油製品でした。特に、実質約10日間という短期間で復旧を実現させたLPガス業界の迅速な対応は、二次災害・三次災害の防止や仮設住宅などの復旧に大きく貢献し、LPガスが防災都市づくりに不可欠なエネルギーであることを改めて実証しました。

■阪神淡路大震災におけるライフラインの復旧状況

ところで、阪神淡路大震災において、予想以上に被害を大きくした原因は火災でした。地震発生から10日間に神戸市内では175件の火災が発生しましたが、LPガスを原因とする火災はありませんでした。その理由として、LPガス容器の元栓を閉じれば、ほとんどの二次災害を防ぐことが可能であるという点が挙げられます。

■阪神淡路大震災における火災原因

ページTOPへ