安全にご利用いただくために
LPガスを日頃から安全にご利用いただくための情報です。

LPガスご使用上のご注意

「正しく使って、いつも安心」
守っていただきたい、LPガスご使用上の注意点です。

火が点いたかどうか必ず目で確認してください。

ガスをご使用の後は、器具栓を閉め、口火などの消火を確認しましょう。

換気には十分気をつけてください。

換気扇を回してください。また、時々窓などを開けてください。

ガスの炎は、いつも青い炎の状態でご使用ください。

赤っぽい炎は不完全燃焼しているので危険です。

調理中(ガスコンロを使用中)は“離れない”が基本です。

ガスコンロから離れるときは、火を消してから!

ガス栓は全開で使用し、外出・就寝時には必ず閉めてください。

ホースは赤い線まできっちり差込み、ホースバンドで止める。

使っていないガス栓は必ずガス栓キャップを付けて下さい。

ガスコンロなどの目詰まりは、時々器具ブラシなどで掃除をして下さい。

【お願い】
ガス器具のお手入れなどで、ネジなどを取り外す必要がある場合は、自らお手入れせずに、必ずLPガス販売店へご連絡下さい。

ゴム管は時々点検し、2~3年を目安に取り替えましょう。

ゴム管からのガスもれの点検は、石鹸水をぬってアワが出ないか調べてください。(点検後はきれいに拭き取る。)

ひび割れや固くなったもの、またゴム管自体が白っぽくなったものは必ず交換してください。

ガスもれ警報器の電源プラグは絶対に抜かないでください。

殺虫剤などのスプレーを警報器にかけると、警報器が鳴ることがありますのでご注意ください。
もし、このような状態で鳴った時には『うちわ』のようなもので仰いでください。

ガス管は誰が所有しているの?

供給者側と消費者側の設備区分

LPガスを安心・快適にお使い頂くために、LPガスの設備とその安全管理について正しいご理解を頂くことが大切です。日頃お使いになる器具などについてだけでなく、お客様宅の敷地内にある「LPガス供給施設」について、大一ガスにより“どのような安全管理がなされているか”を知っていただく事で、より安心で快適なLPガスライフの実現を目指します。


  • LPガス容器からガスメーターの出口までは供給設備と呼ばれ、LPガスを供給する販売店が責任をもって点検・管理を行います。


  • 消費設備とは、ガスメーターの出口からガス器具まで。日常お使いになるガス器具については、ご自身の手で点検してください。

供給設備

快適に、より安全にLPガスをご利用いただくために

供給設備とは、お客様宅にLPガスを供給するための設備で、LPガス容器からガスメーター出口までをいいます。供給設備は大一ガスが責任をもって点検・管理いたします。

■LPガス容器(ボンベ)
LPガス容器には高圧のLPガスが液化された状態で充填されています。圧力調整器はLPガス容器からのガスの圧力を使いやすい圧力に変えて、一定に保ちます。
■ガスメーター(マイコンメーター)
ガスメーターに内蔵されたマイコンと遮断弁の働きで、ガス漏れなどガスの流れに異常があると自動的にガスを遮断します。
使って安心の安全器具

ご家庭で毎日ご使用になっているガス器具及び供給設備には、次のような安全装置がついていることをご存知でしょうか?

LPガス用安全器具について

ページTOPへ